消費者金融の総量規制と借入について

急な飲み会やデートが発生したり、衝動買いなどをしてしまって、思いがけず今日お金が必要となる場合があります。そんなときに便利なのが消費者金融ですが、お金を借りたいと思っている人が絶対に知っておくべきなのが総量規制です。

 

総量規制とは、貸金業法にある法律の一つで、個人が貸金業から借り入れできる金額を制限しているものです。限度額は本人の年収の3分の1までと定められています。例えば年収300万円の人は借入は100万円までとなっています。

 

借り入れの際には本人確認書類と源泉徴収票など収入証明書類の提出が必要となっています。また、新規で50万円以上の借入の申し込みをする場合や、合計の借入金額が100万円を超える場合も、所得証明書の提出が義務付けられるようになりました。

 

このため、年収がない専業主婦は配偶者の同意書がないと、消費者金融からお金を借りることはできません。この総量規制の対象となるのは、消費者金融、信販会社、クレジット会社となっています。銀行はこれらの貸金業者にはあてはまらないので、総量規制という制限も適用されません。そのため、銀行からの借入は年収の3分の1という制限なく借りることができます。

 

総量規制が施行された背景には多重債務や費者金融の過剰貸し付けなどが社会問題となっていたということがあります。これらの社会問題を防止するために誕生したのがこの制度です。

 

総量規制で注意すべきなのは、消費者金融会社ごとに適用されるのではなく、全体として適用されるという点です。借入先が複数あっても、その合計が年収の3分の1に収まっていなければいけないということです。

 

総量規制が導入されたことによって、借り入れの限度額が定められたことで、消費者金融の貸付額も制限されたことになるので、正当な金利で貸付額が決まり、安全にキャッシングできるようになりました。

 

お金を借りるときに自分はいくらまで借りることができるのか、という点を把握しておくのはとても大切です。自身のライフプランに合った返済計画を立てて、計画的に利用しましょう。