他社借入があり審査に落ちる人の例

今日すぐにお金が必要になり消費者金融に申し込んだ場合、基本的に属性などに問題がなければ審査に通り即日で振り込んでもらえる可能性は高いです。ですが中にはきちんと仕事にもついていて問題ないような人であっても審査に通らなかったということもあります。

 

そうした場合で多いのは、まずほかの消費者金融や銀行などで借り入れがあるときです。とはいってもほかで借り入れがある人が必ずしも落ちるというわけではありません。

 

もちろんきちんと審査に通り、当日希望通り振り込んでもらえる人も多いです。まず他社借入で問題となるのは、その借りている金融会社の数になります。1社もしくは2社までであればそれほど問題にはなりませんが3社以上になりますと、審査通りにくくなります。

 

実際にカードローン借り換えなどでも3社というのがひとつのめやすになってきますので、借り入れ先の数が多い時には改めて検討してみたほうがよいでしょう。どこで借りているかなどの情報は個人信用情報として履歴が残ります。その履歴を見て金融機関は借り入れ審査に通すかどうか判断するわけですので、申し込みで虚偽の申請をしても意味がありません。

 

そればかりかかえってよくない印象を与えてしまいますので今後にも悪影響を及ぼします。また審査に落ちたという履歴も信用情報に残りますので、数社から借りているにもかかわらず、どこかの審査に通ればいいからという理由でやみくもに申し込みをおこなうことも避けたほうが無難です。

 

また他社借り入れ先は1社であったとしても、そこで収入の3分の1以上すでに借りている場合も、消費者金融などでは審査には通りにくいです。総量規制がありますので、その人の借りることができる限度額を超えているであれば、それ以上は借りることができないからです。

 

ですので今日お金が必要で急いでいるときであっても、まずは自分の借り入れ状況をきちんと把握して借り入れ先を検討するほうがよいでしょう。