他社借入がある場合の消費者金融での新たな借入について

今日今すぐにお金が必要な場合などに最も有効的な方法は消費者金融で借り入れをすることですが、他社借入がある場合には、審査に通ることが難しくなってしまう可能性がります。

 

消費者金融で借り入れをする場合には、必ず厳しい審査を受けなければなりませんが、これは貸したお金をしっかりと返してくれるのかを判断する為に行います。

 

当然、他社借入がある場合には、返済をしていくにも負担となりますので、それが理由となって審査に落ちやすくなってしまいます。

 

しかし、実は理由はこれだけではないのです。消費者金融では昔返済が困難となり破産する方が多く、それを防止する対策として総量規制と呼ばれる法律が制定されました。

 

この総量規制とは年収の3分の1以上の金額を融資してはならないというものです。これは一社だけではなく、今現在借り入れている全てのトータルが年収の3分の1を超えてはならないという事です。

 

消費者金融では申し込みをした時点で、その情報が信用情報機関と呼ばれる機関に登録されてしまいます。その情報には氏名や住所、勤務先の情報などはもちろんのこと、クレジットカードやキャッシング、ローンなどの利用状況なども含まれていて、他社借入の情報も含まれています。

 

そして、その信用情報機関の情報は全国の金融機関で共用されていますので、申し込みをした時点でそのことが他の金融機関にも知れ渡ります。

 

また申し込みを受けた消費者金融もその信用情報機関に登録されている情報を基にして、申し込み内容と照らし合わせていき、偽りがないかなどを審査していきます。

 

これらのことから他社借入がある状態ですが、審査に通ることが難しくなってしまいます。ただし、先ほどお伝えをした総量規制という法律は消費者金融では適応ないですが、銀行では適応外となりますので、もしも年収の3分の1を超える借入となってしまうのであれば、あえて銀行で申し込みをしてみるという方法もあります。